手作りの結婚指輪やカラードレスで結婚式を演出しよう│ハピ婚情報局

ウェディング

雰囲気が変わる

可愛らしい雰囲気にする

女性

結婚式で花嫁は純白のウエディングドレスを着用します。どの花嫁もこのウエディングドレスに憧れを抱くものです。ウエディングドレス以外にも、披露宴で着用するドレスにはカラードレスもあります。ほとんどの花嫁がお色直しでカラードレスを選ぶと言われています。カラードレスで選ぶ色によって雰囲気も違ってくるので、自分のイメージに合わせてカラーを選ぶと良いでしょう。特に、可愛らしい雰囲気になりたいという女性は、赤やピンク系のカラーが向いています。優しい印象を与えることができる赤やピンクは、日本人の肌に馴染みやすいカラーとなっています。その反面、ピンクは膨張色にもなっているのでできるだけスリムに見せたいという人はデザインでカバーするのが良いでしょう。

清潔で落ち着いた雰囲気

ピンクや赤が可愛らしい雰囲気にしてくれるのに対して、清潔で落ち着いた雰囲気にしてくれるカラーがブルーやグリーン系のカラードレスです。このカラーはどの世代においても人気のカラーと言えるでしょう。少し太めの体型という人でも綺麗に着こなすことができるので、万人に向いているカラーと言っても過言ではありません。ブルーやグリーン系のカラードレスを選ぶ場合は、できるだけ明るいトーンのカラーにしておくことが大切です。結婚式という華やかな場をより一層盛り上げる為にも、カラーはワントーン明るめを選ぶのも1つのポイントです。

明るく活発な印象

ブルーやグリーン系は落ち着いた雰囲気にしてくれますが、対して明るく活発な雰囲気にしてくれるのが黄色やオレンジ系のカラードレスです。黄色人種である日本人の肌色にも合わせやすいカラーなので、多くの人に似合うカラーと言えるでしょう。明るいカラーであることから、気持ちも明るく盛り上げてくれるうえ、笑顔も素敵にみせてくれます。披露宴に参加するゲストに健康的な印象を与えることができるでしょう。選ぶカラーによって印象が大きく変わるので、上手く選ぶことが肝心です。

Copyright©2015 手作りの結婚指輪やカラードレスで結婚式を演出しよう│ハピ婚情報局 All Rights Reserved.